2018.08.04 Saturday

Hemle Clock Tubular bells, Chimes Movement の修理

0

    地元の時計屋さんから修理ができないと断わられた大型分銅式時計

    が、工房に持ち込まれました。事前の問い合わせのでは、ごく普通

    の3っの分銅が下がったグランドファザーだと伺い、それならケー

    スを持ち込むのは大変なので、文字盤を含むマシーンと振り子、分

    銅をそちらで外してお持ちくださいとお願いいたしました。

     

    ところが、普通のグランドファザーよりも大型で分銅5Kgから7K

    gと重く、基盤の厚さも厚くしてあるようだが、歯車軸のトルク負

    荷が異常大きく、ホゾ穴のほとんどは摩耗が顕著で楕円形になって

    います。メカニック的にもやや複雑です。

    特徴的なのが、5枚の板バネがしなやかに揺れ先にはハンマーが付い

    ています。その板バネには揺れを規制する糸が繋がれ、チューブラベ

    ルだと解りました。

     

    マシーンを取り付け完成した時の達成感に満ちたポーズ

     

    中には歯車を軸から抜かないと絶対分解できないものが二つあり、下

    手に軸から抜こうなら、軸が折れたり曲がるのは明白で、国内には専

    用の治具はなく、米国の材料店から取り寄せて難を乗り切った。

     

     

    ンマーで打つのは棒鈴ではなく、5本のチューブラ・ベル(教会な

    どにある鐘を、コンサートの舞台で演奏しやすいように、管状(チュ

    ーブラー)にして、ピアノの鍵盤の順番と同様に並べて吊るした楽器

    である、「コンサート・チャイムズ」あるいは「シンフォニック・チ

    ャイムズ」などともと呼称される。

    日本においては「NHKのど自慢の鐘」と紹介すれば、一般にも馴染み

    のある楽器である。)が響く素晴らしい音響のウエストミンスター方

    式でした。肝心のチューブラーはケースに取り付けたままで工房には

    なく、ゴージャスな音色は想像するしかなく、最後の取り付けまでの

    お楽しみとなりました。

     

    先ずは、複雑怪奇なメカニックを理解して、各方面からの画像を写し

    てカムの噛み合い角度・深さ・ピンが差し込まれた歯車の取り付けが

    負荷異なりで変化する角度とストッパーカムの位置・回転カムの取り

    付け位置・の確認と記録から始め、 時方・打ち方・ウエストと各ブロ

    ック分解しながら、全パーツの点検と洗浄をします。

     

    ヘビーな分銅は各部品に多大なプレシャーを与え、中でも厚い基盤に

    も関わらず各ほぞ穴は楕円に拡大、時方の上基盤を貫き日の裏車に絡

    む3番車の磨耗が顕著で、軸の中間に基盤と交わる部分が異常にすり

    減って窪んで段差が発生しています。
    軸の両先を削ると使用不可能となり万事休す、そこで段差の幅で0、

    3ミリのスチールシールをリング状に加工して溝を埋めで軸径を保ち

    事なきを得た。

    分針の緩みを抑える強力な皿バネを取り付けるには、2方向から支

    えながら他に強烈な圧力で皿バネを押し付ける作業は、手が3本必

    要な締め方でこれには少々手こずりました。

     

     

    ピン付き歯車の取り付け角度が例え歯先ひとつでも狂うと、全く打

    ち方機構が機能しないのでナーバスになって納期が遅れても致し方

    ありません。

    結局、9月にお預かりし紆余曲折もあり、年を越して翌年6月に納

    品しました。

    同時にウエストの置き時計と同時進行だったので、机上は混雑して

    記録撮影どころではありません。

     

    ご覧のように、1メートル近くの振り子を取り付ける台はハシゴ兼

    用脚立を使用。

     

     

     

     

     

     

    複雑そうに見えるカラクリをお楽しみください。

    2018.07.23 Monday

    オリジナルと思しき小鷲補足

    0

      精工舎一連のいわゆる座敷時計全種類を長年に収集

      し製品全般を研究されておられるK氏から、解明の

      一部を寄稿していただきました。

       

       

      座敷時計の生産は明治43年の販売開始から関東大震災の工

      場倒壊で製造が一時休止する約14年間を一つの区切りと考

      えています。
      パリ、ベルリンを代表とする主たる機種の生産はこの期間

      です。筋硝子、小角丸、スエズなど一部の機種が昭和期に

      それまでのデザインにアレンジを加え生産が再開されまし

      た。

      座敷時計の中でもパリ、ベルリン、筋硝子、小角丸などは

      販売当時から万人に好まれる機種であったようで、現存す

      る個体数が非常に多いです。
      反対に製造数が少ない機種は現代でお目にかかれる機会は

      非常に少なくなっています。

      実機検証によりこれまで多くの座敷時計を比較検証してき

      ました、特に現存個体数の多いパリなどの機種はサンプル

      数も多くその違いを見いだすことができました。
      座敷時計は製造期間が10年以上に亘る機種もあることから、

      特に擬宝珠など脱着可能なパーツに関してはかなりの違い

      があります。

      当時の製品カタログの図版は大体同様の図版が継続して使わ

      れており、その形状はほとんど変わりません。
      しかし、現存個体でオリジナルと推定される擬宝珠を図版と

      比較したところ、どの個体も微妙に形状が異なります。
      然るに、当時の精工舎の製品管理において、時計本体の形状

      はカタログとほぼ同形状の製品が製造されたようですが、擬

      宝珠等の末端部パーツ形状の差異は大目に見られていたと推

      測されます。

      今回焦点になっている小鷲はそれなりに人気があったようで

      すが、現存個体数は少なめです。
      鷲像はカタログ図版ろ同形状のものはこれまで実機で発見さ

      れておりません。また、オリジナルと推測されるものもカタ

      ログ図版とは異なります。


      上記の擬宝珠と同様に、現存個体から推測するに、当時の製

      品現場では、脱着パーツの形状にそれほどカタログ図版と同

      形状に拘っていなかったと考えられます。

      精工舎の座敷時計において、実機を数多く検証・見聞した人

      間はさほど多くはないと思われます。少なくても、研究とい

      う観点からアプローチした資料は今のところありません。
      残存資料がすくない座敷時計の解明は実機検証をひたすら続

      けるしかありませんが、一定の知見が蓄積した折にはその成

      果をまとめて公表できればと考えております。

      以上

      2018.07.19 Thursday

      オリジナルと思しき小鷲

      0

        これまでご紹介した絶対個数が少ない精工舎の「小鷲」を偶然
        にも数台を工房でお預かりした物は、すべて小鷲が失われて、同
        社のカタログにある小鷲には未だ、お目に掛かった事さえありま

        せん。


        過去に、2017.12.07 精工舎『小鷲』上宮と小鷲レプリカ製作に

        も報告したように、収集した資料はことごとく形状が異り、これ

        がオリジナルと断言できるものはなく、カタログを信じたくも謎

        は深まるばかりです。

        あるオークションで鳥居氏のアンティーククロック図鑑と同型
        と思われる頭部が折れた小鷲を落札したので、頭部の復元依頼
        をK氏からお預かりいたしました。その条件は、「アレンジ、オ

        リジナル要素は一切不要に願います。」と厳しい制約がありまし

        た。

         

        アンティーククロック図鑑より
         

         

        k氏が落札した首無し小鷲
         

        アンティーククロック図鑑の小鷲画像は小さくて、不鮮明でしか
        も下から見上げた構図なので正面から見た姿をイメージを想像す
        るしかありません。
        翼の表情も異なり、翼の幅は狭くしかも右の翼は折れたていたの
        を継いであります。先ずは依頼者が解析した画像を原図とする条
        件で復元開始。

           解析した小鷲

         

        私の検証
        その材質は和菓子の落雁に使った型板に、粘土を型押した陶器製

        の焼き物に漆を塗った物でした。大量少量を問わず簡単に作れま

        す。
        年代的に見ると焼き物が一番手っ取り早く、数種類を作るのも可

        能かと。

        固定法は所謂ダボを立ててホゾ穴に差し込み更に、鷲の左脚下に

        ある小さな穴に、釘を斜めに深く打ち付け、簡単にはとれないよ

        うな作りになっていました。

        図鑑の解析鷲ではあまりにも精悍さが足りず、嘴やまん丸い目の

        周りに稚拙さが際立ちます。解析よく見ますと時計を下から見上

        げて写したもので、微細な表情を読み取れず、正面は想像して作

        るしかなく推測の域に留まり、多少の甘さはご容赦願います。

        正面の方が見えなかった部分は部妙に盛り上がって見えて来ると

        想像されます。また、白い下地の時と色つけした後とでは、大小

        の大きさの印象が違って見えたり、見る角度と色の変化にいつも

        視覚を惑わされ迷され私の腕の未熟さを嘆いてしまいます。

        頭部を復元する材料として、木の質感があり、磨くと独特のツヤ

        が出て、粘着力が強くためどんな芯材にもよく付き、乾くと非常

        に軽くて丈夫なり、彫刻刀で彫ることができる木粉を混入したウ

        ッディ粘土を初めて用いました。

        全体を薄く水で湿らせ空気を入れなようにしたのが功を制し、密

        度を増したらしく乾燥後も割れヒビの貫入が少なく、彫刻刀も上

        手く緻密に彫れました。
        ただ、補修箇所の裏面は補強の為に厚くしなければならないのと、
        痩せを見こ越して大柄にしてあり接触部分の段差の処理も意外と
        楽でした。

         


         

         

         

         

        頭部は嘴と眼の作りで、鷲の鋭い気性を品良く表現できるかが決
        まる重要な要素だと思っています。てな事を考えている内に、あ
        の「アレンジ、オリジナル要素は一切不要に願います。」との規制

        りよりもこの要素が脳裏から消えず、私流のアレンジが鷲に多少な

        りと乗り移った言われても言い訳ができません。


                             文責  匠 亞陀

        _______________________________

        << ご依頼主K氏の主張。>>
        小鷲の真贋について少し私見を書かせてください。

        まず、小鷲のオリジナルフォルムはメーカーカタログの図版が真と
        する意見に異論はありません。
        ただし、これまで鷲にしても小鷲にしても、図版と同様のオリジナ
        ル鷲像はお目にかかったことがありません。
        オリジナルと思われる物件を見聞してもやはり同様のものはありま
        せん。
        然るに鷲像に関してだけ言えば、製品には図版と異なるものが載せ
        ていたのではないかと私は考えています。
        これまで数多くの座敷時計を見てきましたが、全体のデザインはカ
        タログに忠実ですが、オリジナルと思われるパーツで擬宝珠のよう
        な付属品や柱部品のような轆轤引きの部品は、カタログと異なる場
        合が多いです。
        このあたりは精工舎としても製品として大目に見てきたのではない
        でしょうか、なにせ当時の木工技術ですから。

        次に鳥居氏のアンティーククロック図鑑像をオリジナルではないか
        という推察とする根拠はいくつかあります。

        1.そもそも小鷲像というものが他にないため、他の流用パーツか
          らもってくることは考えにくい。
        2.仮に同様の大きさで近いサイズの独逸時計パーツがあったとし
          て、デザイン、造作が稚拙すぎる。
        3.214号の鷲デザインに酷似している。後世の人間が後昨したな
          ら適当なデザインにするかオリジナル図版を参考にするのでは
          ないか?
        4.214号は座敷時計ではないが、下部擬宝珠などまったく同じ形
          状の部品が多くある。すなわち鷲像も流用された可能性もあ
          るのではないか。※箱部は恐らく同様の精工舎木工部で作成さ
          れていたのではないかと推測される。

        今回私が工房に持ち込んだ鷲像とクロック図鑑の鷲像は確かよく見
        れば違います、少なくても同じ型から量産されたものではないです。
        クロック図鑑の鷲の材質も残念ながら特定できませんが、ぱっと見
        では木彫ではなく型押しに見えますが真贋は分かりません。

        私が今回持ち込んだ陶器?製の鷲は型押しの量産品であったことに
        私は注目しています。
        すなわち、工場か家庭内手工業的な方法で製品として量産されたも
        のであるということです。
        この小鷲の部品は時計の上に乗せる以外需要があったとは考えにく
        い。すなわち精工舎か外注先のどこかで作成された製品である可能
        性が高いと考えます。
        後作りなら量産する必然性はありません。量産するほど小鷲像の需
        要は他にありません。

        以上が私が今回の鷲およびクロック図鑑の鷲がオリジナルではない
        かとする根拠です。

        塗料や材の経年劣化や時間経過でオリジナルを判断するのは私は難
        しいというか不可能と思っています。
        時計が長期間おかれた環境によってその具合は異なるからです。
        ただし、本体などの部位は同様の経年劣化を示す個体が多いので、
        そこを参考に事例数と経験則で判断することはできるかと思います。
        なにせ座敷時計も100年ちかく経っていますので、どの年代で手を

        加えられたのか推測は難しいでしょう。
         

        2018.06.28 Thursday

        北國新聞読者からの投稿記事

        0

           

          6月28日 朝刊 読者投稿欄

           

            匠の手にかかり再び時を刻む

               新村 泰三氏  

           

           

           

           

           

          2018.06.28 Thursday

          turret clock の完成を紹介する新聞記事

          0

            6月17日 地元北國新聞より。

            金沢21世紀美術館で開催された「ときめき時計展」に私の

            TURRET CLOCKを出品しました。

             

            少しフォーカスが甘くて読み辛いのはご勘弁の程を、、

            できるだけ、映像を拡大した方が読みやすいようです。お試しあれ!

             

             

             

             

            補足 右端の切れた部分は本来『昨年11月、ドイツ・ハンブル』と書かれています。

             

            2018.06.13 Wednesday

            turret clock の修復録 (プロローグ)

            0

              長い間、 国内外を問わず古時計の修理修復に携わったつもりでも、この世には
              無限の機種が存在することに気付き「時計の奥深さ」に驚かされ自分の未熟さ
              を思い知らされています。
              多種多岐にわたる中でも、私には「男の夢」のと言うべき憧れの巨大で重厚な
              時計があります。それは、、、、

              2017年1月テレビ東京系列の番組デュレクターから、欧州のブルガリアに
              出かけてコルテン村の公民館にある時計塔の時計や分銅式掛け時計とSEIKOフ
              ァイブ腕時計の出張修理をする出演依頼がありまして、、、、

               

               

              1963年ある物理の教師によって改造さられたコルテン村の時計塔

              資料を拝見したら時計塔の時計は余りにも巨大、私の全く未経験ゾーンで触れた
              り見た事もない門外漢では自信が持つてず、不本意ながら出演を断りをしました。
              後悔しても後の祭りとばかり、勉強不足を解消すべくリサーチを開始。

              150年も前にあった工業技術の高さを見せつけられ驚きの連続で、手作りの特
              注品にも関わらず機種の多さ、構造的はすでに完成の域に達して、今日の時計は
              その原理を継承して小型化を計った過ぎないと悟りました。


              私の好奇心を満たす塔時計とは、
              砲台時計
              Turret clock
              Church clock
              Tower clock
              Turmuhrwerk 
              Horologium 
              とも称され、時計台に設置され、すべての方向に時間を示すために2つ以上の大き
              な文字盤をもつ時計です。

              2017年4月、ドイツ語圏内にあるオークションに、オーストリアの時計職人が
              出品した黒く錆びた基盤と歯車、まさに鉄くずのTURRET CLOCK を偶然見つけ
              ました。イベントでデモンストレーションしたと言っても、完動品だとする保証も
              なく、高価格を見て落札を諦め望観するしかありません。

               

              最悪なのは、「日本には売りません」と宣言しているから拉致が悪い。

               

              説明
              時計作業の準備ができました。 (硬材フレーム150cm)高さ40cm、振り子の長
              さは約136cm。 フレームグレー鋳鉄、ハンマー、打撃真鍮、ベアリングベルトと
              レバー機構を鍛造。 おそらく19世紀の最後の3分の1にK.Fによって修理されたで
              しょう。 Porth、Speyer、Germany、Knobloch、Alzey、1925の碑文; オリジ
              ナルのエレベータクランク、麻のケーブルと2つの偏向プーリーを備えた2つの鍛
              鉄ウェイト(8Kg/12Kg)、全重  80kg。
               マシーンは慎重にクリーンアップされ、振り子シャフトと振り子玉(8Kg)は再
              加工されました。 近年、公的なイベントでも問題のないデモンストレーションビ
              ジネスをした。
               



              ところが、3度目の再々出品にも関わらず全く入札なしに業を煮やしたのか、1
              0%の値引きをし始めた。動くかどうか心許ない時計を活かす気概を持って落札
              する決心までに、ためらうも迷いを振り払うある意味での賭けでした。

              第一歩は、日本に発送を可能となる交渉で、例え言語が違っても物欲とお金が絡
              むと、真剣に成らざる応得ません。

              ところが、売主は私と直接取引をしたいと突然オークションを中止して送金の手
              立てが不能となりました。以後、スタンスの違いを乗り越えた交渉の結果、国際
              的に信用あるシンガポールの送金業社を介してのへカード支払(保険含む)いと
              なりました。

              決済を確認できたものの、直後一週間も音信普通だったり、不明なディティルー
              の確認や発送日や船荷証券(B/L)番号・到着予定の問いに曖昧な返事で無駄な
              時間を費やすばかりです。
              気がつくと支払から一ヶ月となり遂に業を煮やし、安全対策として送金業社に異
              議とクレーム(問題解決センターは上海)を申し立てたのは言うまでもありませ
              ん。
              同社規定では、送金後40日経過したら、クレームを請求する権利を失い以後は
              売主の意のままになるとか。

              この時点で、支払代金は送金業社によって商品の無事到着が確認されるまで一時
              停止される処置をした。取引額が高額・レスポンスの少なさの点で、即異議から
              即、クレーム段階へとエスカレートし、荷物の到着を確認するまでは、カード決
              済を一時停止、私と共同で運送船の航路状況私と連携で運送船名監視体制を解か
              ないで売り手の動向を見守る事になりました。

              船荷証券(B/L)番号や船名が知らされてた時は、香港沖をゆっくり運航してい
              るのを確認、後はライブで船の位置を逐一ネットで見守りました。


              8月末に送金、オーストリアからハンブルグへ陸送、10月ハンブル港から出航
              10月末に釜山港(国際的ハブ港)、11月初旬にようやく金沢港に入港しまし
              た。ハンブルグから小さな金沢港に直行海運する航路がなく、どうしても釜山経
              由となってしまうらしい。

              ハンブルグの海運業社、韓国の海運業社(支社は福岡)金沢港の通関業者、資金
              移動業者(国際的送金業社)との共同で貨物船の追跡監視等、オーストリア・ハ
              ンブルグ・上海・シンガポール・福岡等関連会社とのコンタクトは十数回に及び
              ました。

              最後の難関、入港後の通関手続き用所定の書類提出
              1、Bill of Lading (船証券・貨物の引き受けを証明書)
              2、Commercial Invoice (貨物の送り状)
              3、Packing list (貨物の中身を示す梱包明細)
              4、商品詳細が分かる資料や写真など
              5、Arrival Notice (貨物の到着案内)

              入港時の諸経費と通関手数料・関税支払いと遂に輸入許可通知証・倉庫主現場ー
              荷物検査書・消費税地方諸費税の領収書が発行され、これで完全に私に所有とな
              り、代金は彼の元に送金されたのは言うまでもありません。

               

               

              案の定、荷台パレットが壊れた唖然、黒く錆びた基盤と湾曲した歯車軸、軸受

              け部品・歯こぼれ・小さな歯車・座金の散逸等、まさに鉄くず状態でした。

              稼働する気配が全く感じられず、時計から『お前に、俺を直せるのか?」と言

              う声が聞こえました。

               

               

              想像以上の経費と時間を負担する破目に会いましが、外国人との交渉は丁々発止
              と波乱に満ちた取引は、忍耐ばかりで個人輸入はもうこりごりです。

               

              2018.05.12 Saturday

              匠 亞陀がボトルラベルになりました。

              0

                 

                平成29年4月1日第73回現代美術展の洋画部門で、私の友人である
                大丸七代画伯が匠亞陀をモデルにした作品「時を刻む」が美術文化大賞
                を受賞し、金沢21世紀美術館に4月16日まで展示されました。

                       右は大丸七代画伯(日展会友・光風会会員)

                わたしは仕事の途中に何度もポーズを取らされた上に写真を撮られ、中断
                した事は数回に及び、モデルも楽じゃなかったです!

                地元、北國新聞の論評には「作業が一息ついたのだろうか。パイプを手に
                腰掛け思いにふける。優しいまなざし、ごつごつした手、静かなたたずま
                いに、人となりが浮かぶ。
                近所に住む幼なじみの時計職人、井上悦朗さん(匠 亞陀)の仕事に向き
                合う誠実な姿勢に惹かれて描いた。」
                「時には誰にも平等に刻まれる。見る人がそれぞれ’に思いを重ねてほしい」
                と具体的な描写は極力しなかった」

                 

                これは飽くまでもたてまえで、私ははパイプは吸わないしポーズを取らされただけ!

                手はすべすべだし、口がずは多くて誠実とは些かオーバな表現で、記者の見識を疑い

                ます!


                その後、この芸術作品は2018年1月18日から19日に開催されました
                世界初となる芸術の祭典『智慧と芸術の女神アテナ・オリーブ・アートラベ
                ル展』(日伊芸術文化教育実行委員会・主催)を通じてアートラベルとして
                起用、日伊オリーブ・アートラベル・ドナッテラ特別金賞を受賞して偉業を
                讃えられファイリングしたアートラベルをマッセリア・モナケ社にて収蔵さ
                れました。

                 

                その、オリーブ油が入ったボトルが漸く届き、対面しました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                平成30年4月1日 今年もモデルをさせられました。
                石川県立美術館にて。

                 

                2018.02.25 Sunday

                名古屋時計製造所・ドームガラス時計(別称・男根時計)修復

                0

                  工房 亞陀に展示してあります名古屋時計製製造所製ドームガラス時計

                  (別称・男根時計)をご覧になられた方が、後日、収集癖が嵩じたらし

                  く結果、数年間探し求め漸く見つけられました。

                  断面が半円形のドームガラスに接触しないようと独特の振り子(男根形)

                  や干支、擬宝珠を復元頂きました過程をまとめてみました。

                   

                  最後に映像を添付してあります。

                  届いた時は、金彩ガラス絵が黒く変色以外、ご覧のようにオリジナルとは

                  いえ干支や分針、振り子は不似合いな物に代えられて擬宝珠も抜けていま

                  した。

                  上下ガラス枠の蝶番取り付け部分が弱くて閉まり具合は最悪、特にドーム

                  ガラス枠蝶番はネジ穴が甘くて二度くらい穴位置が変えら開閉が困難です。

                  早速、生気を取り戻しべく、手持ちの資料や材料をスタンバイさせ
                  然るべき対処をはじめました。

                   

                   

                  干支は以前にキャドで書いた在庫がありますが、問題はニッケル合金にクロ

                  ームメッキをした男根型の中空振り子です。オリジナルに用いられたと思わ

                  れる絞りスピニング加工(へら押し加工)とも呼ばれる平面状あるいは、円

                  筒状の金属板を回転させながらへらと呼ばれる棒を押し当てて少しずつ変形

                  させる塑性加工を依頼する方法も選択肢の一つですが加工費が高価なので不

                  安が脳裏をかすめます。


                  しからば、本家をシリコンゴムで型取りしてFRP樹脂で整形をシュミレーシ

                  ョンしましたが、中空にする中子(中型枠)を作り厚さを1ミリで仕上げる

                  のも至難の技だし、、、、、

                  色々考えた挙句、いつものロクロで木材を上下分けて挽き、銀箔を押して古

                  色仕上げをするとしました。
                  オリジナルと同じ重さにするには、木材では軽すぎるため内部に錘を入れて

                  重さを合わせば解決です!
                  心棒は鉄に銀箔を押してこちらも古色にし、最後はガングラックで黒錆を発

                  生させると本物以上の出来となりますでしょうか?

                   

                   

                   

                   

                  本物と自作品を並べてみました。​

                   

                   

                   

                  機械は過去に一回オーバーホールした形跡を残すも、振りベラ薄バネは無残にも一

                  回転捻ってありました。

                   

                   

                   

                  在庫品との揃い踏みです。

                   

                   

                  実は、名古屋時計製製造所製ドームガラス時計はもう一種類ありまして、ご存知

                  アンティーク時計専門誌「古時計図鑑・武笠幸雄著」の2ぺージ下に記載されて

                  います。東京駒場の日本民芸館に展示下あったとか。

                  風たよりでは、関東のコレクターの手に渡ったと聞いています。


                  数年前、e-bayオークションにこの時計がドームガラス挿入部分に平ガラスを入れ

                  た不可思議な状態で出品され、これを私が逆輸入しました。上宮はない、機械室に

                  は数枚の歯車がケースの中で転る定まりのジャンクでした。

                   

                   

                   

                   

                  宮製作や大きめのドームガラスの特注等、リメークの道に終止符がなさそうです。

                   

                   

                   

                   

                  動態映像をご覧ただけます。
                     

                   

                  2018.01.27 Saturday

                  精工舎『『ベルリン クラブ 3』

                  0

                    精工舎『『ベルリン クラブ 3』

                     

                    KN氏からご依頼がありました、旧タイプ黒柿突板材ベルリンの上宮に使用し

                    ます貴重な黒柿を揃えてみました。中でも、柱の厚材を無垢するのは難しく

                    従来通り1から2ミリの黒柿突き板を張り合わせ(台座も含め)ました。

                    部材を単なる接着剤を塗るのでは余りも芸がなく、隠しダボ(小さな丸棒)

                    を多用して見えない所に強度を増します。


                    トップの彫刻飾りは本家のように桂を黒漆仕上げとする予定でしたが、16

                    ミリ厚黒柿を用いて彫るのも一興です。さていかに!
                    女神バック板は左右柱にスリットを掘って上からアーチ板と重ねて上から差

                    し込みます。6本のテラス支柱中心に穴を開け、算盤のようにダボを立てて

                    差し込みます。この支柱を触れば回転するのは本家と同じしかけとなります。

                    この支柱も思い切って黒柿に凝理ました。


                    擬宝珠も黒柿で作った事がありますが、太い黒柿材はそうもなく前後に張り

                    合わせて作ったものです。しかし、今回は肝心の材が無いので遠慮します。

                     

                     

                    黒柿のテラス柱は算盤のように回転します。径3ミリの竹ひご釘を芯にした木組

                    みで構築できました。ここまで黒柿に拘りますと、勿論上宮彫刻も黒柿としまし

                    た。

                     

                    ベルリン黒柿上宮と木組み

                     

                     

                     

                    不似合いな後作だったガラス枠左下柱飾りや、下框も黒柿に

                    統一しました。

                     

                     

                    テラスの三角飾り板はいずれも(5MM)薄くて、釘打ち穴から

                    割れています。これを防ぐため敢えて黒柿厚板を使い、裏に添え

                    木で補強してあります

                     

                     

                     

                     

                     

                    KN氏 談

                     

                    ベルリン無事到着いたしました。ありがとうございます。

                    ただの箱だけの時計が本来の姿をとりもどし、こんなにも立派な時計

                    だったのかと

                    妻も娘もビックリ仰天です。  ざまあ見ろです。

                    只今、座敷の壁に掛かりゆっくりと振り子が動き出しています。

                    立派なベルリンの雄姿に修復してくださり、心から感謝申し上げます。 

                     

                    2018.01.11 Thursday

                    精工舎『ベルリン クラブ 2』

                    0

                      ベルリンはヴィエンナーのいいとこ取りのデザオンとしても、国産

                      では威風堂々と他を圧巻して他を圧倒し、私の好きな時計の一つです。

                       

                      今回も幸運に恵まれ、オリジナル上宮一式を二台もお預かりできた機会

                      に、細密な計測と相違点の検証を行い、よりオリジナルに限りなく近い

                      資料を得られました。

                       

                       

                      上  K氏 桂材(後期モデル)、下 Y氏 黒柿突き板材(前期モデル)

                       

                       

                      別個体による実機検証は贅沢な試みです。
                      とくに本家で失われやすいパーツは資料蓄積の観点から見ても大変重要です。

                       

                      1、女神の顔立ちの違い。

                      2、テラスと女神額の接合を強化するための三角形装飾に線彫の有無がある。

                      3、上部花びら彫りが異なる

                      4、唐草彫りの渦巻きの形が異なる

                      5、テラスの飾り柱はY氏黒柿スタイルは回転するが、K氏桂材は接着固定し

                        ている

                      6、唐草彫り飾りは若干前のめりに傾斜しているが、それぞれ傾斜角度が異

                        なる。

                      7、Y氏タイプに唐草彫り飾り背後に補強材がない。

                       

                       

                      (( 女神レリーフ ))

                       

                      K氏前期型はやや日本風の円い趣、型押し粘土系の練り物でした。茶色塗

                      料を塗って、表面がザラついています。

                       

                      裏面

                       

                      Y氏(前期)、鉛系の白色ぽい金属をプレスし、薄く黒漆を塗っている。

                      明治の女性に似た痩せ型の顔立ちで、鼻筋が通り顎が尖っています。

                      Y,Kいずれも鼻が低く西洋女神とは似ても似つかなく、どう見ても日本人の

                      顔立ちです

                       

                      お二人の女神を取り外し、シリコンゴムで型を取り、FRP樹脂でレプリカを

                      作り原型を比べれば違いが認識できます。お二人にはそれぞれ違う古色仕上

                      げをした女神のレプリカを進呈しました。

                       

                          左  Y氏、           右   K氏 

                       

                      K氏(右)やや小ぶりです。

                       

                      なぜ顔立ちが違う理由として、何かのタイミングで型押しの型が劣化しての

                      で、前モデルを元に作り直したのではないでしょうか。


                      テラスの上に薄板三角飾りの中心に小さな三角形を彫り込んでありますがY

                      氏にはありますがK氏はなぜか省略してあります。

                      この薄板飾りは本来は縦横に細い釘で止められ、接着剤は使われていません。
                      横方向の釘は渦巻き付近あり、この部分が破れやすい原因がお分かりいただ

                      けるかと。

                       

                      (( どちらが古い? ))

                       

                      Y氏を古いタイプと思ったのは、

                      最初に添付して頂いた全体画像を詳細に検証できた。

                      旧家で昔から所有していた。

                      上宮に付着した煤、・日焼けや塗装の乾燥劣化よるひびの貫入(インクルージョン)

                      具合から判断しました。

                      Y氏の上宮を横から見ると、桂材の表面に薄いツキ板が貼られています。
                      遠目で見ると黒斑が見え隠れ、トラ目石のような縞目トラ斑や表面の
                      木目や繊維からどうも黒柿のツキ板を貼ったようです。Y氏にお伝えするまで

                      は黒柿とは気付かないくらい表は経年劣化していました。



                      K氏談
                      私は長年座敷時計の研究をしていますが、未だに解らないことばかりです。
                      実機検証を旨としておりますが、個体差ともなると手に負えません。
                      ベルリンの初期型と後期型ではかなりの違いがあるようで、主要機種の一つ

                      で製造数が多かったせいか個体差があります。
                      精工舎には木工部なる部署が存在しており、箱は自前で作成していたと資料

                      にあります。
                      ただし、精工舎が製造していた柱時計すべてが自社製との記述がある資料は

                      確認しておりません。私の推測では座敷時計の箱は自前で制作していたと考

                      えています。ちなみに戦後は外注になったようです。

                       


                      座敷時計の歴史が明治43年(1910年)ですから最初期型は106年経

                      過した計算になります。歴史の重みを感じると同時に火事や震災、戦争をく

                      ぐりぬけ我々の目の前に残っている奇跡すら感じます。同窓会を行なえるこ

                      と自体奇跡といっても過言ではありませぬ。

                      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                       

                      また、両機の上宮三角飾りの頭の渦巻きが無くなっている物かあり、こ

                      れらもこの際、心機一転しましょうよ!
                      いずれも、経年劣化材では断面を見えなくするよりも、折れていた箇所

                      を修復した痕跡を残せば、却ってベルリンの歴史感が出て味わいが出る

                      のもいいかかなぁと思いちょいと試してみます。

                       

                       

                      (( 前後半分に切断された擬宝珠が常態化 ))

                       

                      ドイツ創成期の時計に付けられた下宮センター擬宝珠は半分ではなくろくろ

                      で挽いた一本をそのまま使っていました。大量生産で好評を判した某メーカ

                      が半分使用を規格化し、簡略化が一般的になりました。極薄ノコギリで半分

                      に切っで余った部分も他に流量できて経済的?効率的にもベストかと!

                      その時代ではレンツキルヒが代表的で下宮箱底辺も正方形で、擬宝珠も押し

                      並べて小ぶりで粋な品がありました。


                      大量製品メーカーは大ぶりの半分デザインとなり、薄ぺらくて横目で見ると背

                      面はスパッと切り落とされ味も素っ気もありません。

                       

                       

                       (( K氏 ベルリン修復完成 ))

                       

                      テラス飾りの三角形彫りは原型を勝手にいじるのは、尊厳を傷つける悪

                      趣味であります。従って、欠けた両渦巻き部だけを修復しました。

                      下中ギボウシほぞ替え、ガラス扉しまり具合見、下宮箱固定

                      擬宝珠4個、擦り傷等補色

                       

                       

                       

                       

                      ベルリンの修復を機にK、Y氏が互いの時計に対する共通認識で親交を結んで

                      る最中、Y邸にK氏が訪問し、時計談義に花が咲いたとご連絡をいただきました。

                       

                       

                       

                      (( ビートスケール ))

                       

                      Y氏 談

                       

                      ビートスケールについて、最近考えることがあります:
                      ビートスケールの使い方について、最初は単に時計を掛ける時に中心を合わせ

                      るためと考えていましたが、実はもっと奥が深いのではないかと思います。


                      静止状態の振り子の中心が必ずしも時計の中心に位置するとは限らず、また時

                      計を確実に床から垂直に掛けるためのもの(その役割もある程度、担っていると

                      思いますが)とも違うのではないか、と感じています:


                      ある時計士さんから教えて頂いたのは、振り子のセコンド音が等間隔でチクタ

                      クと振るように時計の位置(左右のバランス)を調整するということでした。

                      すると、振り子の静止状態が必ずしもビートスケールの中心に位置するとは言

                      えず(そうなる場合もあると思いますが)、その時計にとってベストな振り方(チ

                      クタク音が等間隔になるように)がどの位置になるかを見定めるための目印とし

                      て、ビートスケールの存在は欠かせない…と考えるようになりました。


                      機械式時計の世界は奥が深く、知れば知るほど面白いと思います。
                       

                      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                      K氏 談

                       

                      ビートスケールにつきまして少し補足説明させて頂きます。

                      まず第一に国産時計で琺瑯製のパーツを自社製品に使用した国産メーカ
                      ーは精

                      工舎しかありません。琺瑯自体を自社生産したメーカーも同様です。


                      琺瑯部品の製作は精工舎内でも苦心したようで、自社製品に使用されはじめた

                      のは座敷時計が製作され始めた明治42年頃です。

                      座敷時計が製作される前の明治41年以前の精工舎スリゲル時計製品群にも

                      瑯部品が使用されていましたが、これは輸入部品だったようです。

                      皆様もご存じのように、明治期はユンハンス等の機械のみ輸入され箱物は国産

                      という組み合わせが主流でした。部品のみの輸入もそれなりにあったようです。


                      座敷時計に琺瑯パーツが使用されたのは関東大震災で精工舎の工場が全壊する

                      明治15年までです。それ以降の製品は金属製の文字盤、ビートスケールになり

                      ました。


                      私も当初は工場倒壊で工作機械が失われ琺瑯製作が困難となり使用できなくな

                      ったと推定しておりました。

                      しかし4面ガラスの置き時計など一部の製品には昭和以降も琺瑯文字盤が継続し

                      て使用されていることから、柱時計に琺瑯部品が使用されなくなったのは当時

                      のニーズによる好みや時流の流れであったと推測しています。


                      ベルリンに使用されているあの金属製ビートスケールは精工舎独特のものです。
                      あの部品がついていれば他がどう変わっていようと精工舎の製品と判別できま

                      す。

                      精工舎の製品で輸入琺瑯ビートスケールが使用されている製品は古く数が少な

                      いことから、お目にかかる機会も非常に稀です。

                       

                      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                      ビートスケールは基本的に裏板の中央に取り付けられています。外観から見て
                      右寄りや左寄りだと不自然で様にはなりません。この段階はケースメーカーの
                      作業となります。

                      機械を取り付けるプレートは必ずしも中心とは限らす、傾いたものや左寄り右

                      寄りは日常茶飯事で、特に国産の誤差は当たり前だと思って良いです。機械組

                      み立て部の作業で、当時の取り付け精度の感覚や点検作業の曖昧さが見られま

                      す。

                      (大量生産メーカーのおごり現象)これが、振り子中心点とスケール中心が合

                      わない要因です。


                      この時点で時計を取り付けた時、干支が裏板中にあるとは限らず、また干支の

                      上円弧がカラス枠の上アール(カーブ)と合うのは稀です。


                      これに加え、ガラス枠の中心線とケースの中心線が合うのも稀でして、蝶番の

                      取り付け位置が狂う事が殆どです。左右の側板とガラス枠側面が左右対称にズ

                      レたり、重なり合うのは稀です。それほど、蝶番と取り付けるのは慣れないと

                      非常に難しい。中には蝶番を使わず釘を上下から差し込んむパリ、上からは釘

                      で打ち込む・下は蝶番で止めるヴァイオリン・ミニヴァイオリンケースなど職

                      人泣かせもありました。


                      ガラス枠を通して干支が中央線上になければ時計の品位を損ねてしまいます。
                      どうしても、ガラス枠中心をシンメトリーとすると刷れば、ビートスケール0
                      位置と振り子中心点がズレる訳がおわかりいただけるかと。あくまでも目安と
                      思ってください。

                      チクタク音(ビート音、駆動音、アンクルのかみ合い音)が左右同じなのは
                      当然とする。振り子の振りの幅(アンクルとガンギ車のかみ合い深さ)は
                      アンクルの磨耗とアンクル軸の磨耗やほぞ穴の拡大をある程度外見から推察
                      可能となります。元論同じ機種でも経年変化や製造精度で微妙に異なり、こ

                      れら全てはビート音を耳を側立てて聞けば、機械を取り外さなくても自ずと

                      教えてくれます。

                      ビートスケールは飽く迄も、はかりであります。また、時計は取り付け木ネ

                      ジ中心点から伸ばした垂線とケース幅中心線が重なるとは限らず、ケースが

                      傾いてもビート音が左右同じであれば一般的には正常となります。古時計に

                      見られる癖です。

                      ややこしいですが、振り子棒と振り子アームのスリット幅には遊びがありま

                      してこの遊びによっては振り子棒との接触が均等にならない事もあり、例え

                      ビート音が左右同じ聞こえなくとも、正常だと見なす時があります。スリッ

                      ト幅が左右どちらかにすり減って広くなり、振り子棒との接触が均等になり

                      ませんが、振り子の振り幅が十分であればこの不均衡を打ち消すことができ

                      ます。

                      振り子の振り幅は、アンクルとガンギ車のかみ合い深さを浅くすると短くな

                      り、深くすると広くなります。このテクニックで時間調整ができます。
                      短くすると速くなり、広くすると遅れます。

                       

                                             続く、、、、

                       

                                         文責  匠 亞陀

                       

                       

                      Calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM